いま一度確認しておきたい、千葉で葬儀を行うための流れ①

千葉に住んでいたご親族が亡くなった場合、よほどの事情がない限り葬儀は千葉で行います。

さまざまな風習があるとはいえ、大体の地域では葬儀は一般的な方法で行われるため心配はないでしょう。

もし、万が一のことに供えて、実際に千葉で葬儀を行うための流れを覚えておきましょう。

《お亡くなりになった時》

故人が病院で亡くなった場合、まずしなければならないことはご遺体をどこに安置するかを決めることです。

最近の病院はベッドの数も限られているため、すぐにご遺体の搬送を行わなければなりません。

そのためには、まず葬儀社に連絡を取り遺体の搬送場所を決めます。

取り急ぎ搬送だけ、と病院の葬儀社に頼むのもいいですが搬送だけ行って葬儀を他社にすると高額な搬送費を請求されることがありますので、搬送~葬儀までワンストップでできる葬儀社を探しましょう。

《葬儀の打ち合わせ》

葬儀社が決まったら、どのような形で葬儀を行うか打ち合わせを行います。

このタイミングで死亡診断書を提出し、火葬許可証の発行の代行を担当者に依頼します。

また、菩提寺があるならばお経を読んでもらうため住職に連絡を取ります。

斎場と火葬場の空きを担当者が鑑み、葬儀の日程が決定します。

葬儀のプランなども細かく打ち合わせを行いましょう。

そして、葬儀を執り行う代表者である「喪主」もここで選定しておきます。

故人の配偶者が喪主になるのが一般的ですが、高齢やご病気などの場合には長男以下男性の子、長女の順番に血縁関係の人がなります。